仕事を知る

WORK

  • HOME
  • 仕事を知る

大石ユニオンでは、昭和41年の創業以来、自社の鉄工所で主に建築鉄骨の加工・組立を手がけております。
当社の鉄工所には鉄骨加工や溶接工事に必要なホイストクレーンや旋盤といったさまざまな設備が整っており、簡易な作業から高度な加工まで対応可能です。

鉄骨加工のエキスパートとして高品質な製品を届ける

当社は、自社の鉄工所を所有しており、老人ホームやビルなどの建築物の梁などを製作しています。その他、建築用鉄骨の加工・組立・溶接から鍛冶、橋梁部品加工、鉄骨梁製作まで、多岐にわたる業務を行っています。

また、大石ユニオンでは、職人を目指すあなたを応援するキャリアパスをご用意。さまざまな仕事を経験してマルチに活躍する多能工を目指すもよし、一つの仕事を追及したスペシャリストになるもよし。
鉄骨加工の職人としてやる気があれば活躍できるのが大石ユニオンの魅力です。

建築用鉄骨加工の流れ

1.構造図の把握

仕事を受注したら、設計図の一つである「構造図」の把握からスタート。構造図には、鉄骨に関する情報が記載されており、接合部の詳細(ボトルや溶接)や使用する鋼材の形状など鋼材だけでなく建物の基準となる情報が多く含まれています。
この情報を把握した上で納期に向けての作業計画を立てます。

2. 一次加工

全自動ドリルマシンとバンドソーにより、穴あけと切断を行います。さらに、溶接強度を高めるため、開先加工機を用いてⅤ字に加工したり、けがきで加工の目安となる線を引くなど、鉄骨に溶接前の加工を行います。

3. 組立

一次加工後に構造図に基づいて柱部材、仕口などを、それぞれ小ブロックに分けて組立を行い、寸法を確認します。その後、検査を経て大組を行い、鉄骨としての大枠がようやく完成します。

4. 溶接

建物の強度を高めるために溶接を行います。組立での溶接を仮溶接としたら、この工程は本溶接と言われます。
当社では、アーク手溶接と半自動溶接(CO2溶接)で鋼材に合わせた溶接を行います。熟練溶接工の技術でスピーディかつ正確な溶接を行います。

5. 塗装

鉄骨製品のサビを防ぐための塗装を行います。塗装前にサビや汚れを落とすケレン作業をし、素地調整を行います。工事ごとの塗装仕様に沿って塗装を行います。

6. 出荷

出来上がった製品は、検査を経て大型トラックにより現場へ出荷されます。一台のトラックにどれだけの製品を効率よく積めるか、建設現場の進捗状況を考えながら輸送計画を立てます。
現場にも自社スタッフが伺い、最後まで品質チェックを行います。

安全への取り組み

大石ユニオンが扱うのは、鉄骨なので常に危険が伴います。安全衛生は企業経営の基本です。労働災害や職業性疾病を防ぐための環境を維持し日々向上に向けて努めています。
入社時には、危険予知訓練(KYT)を徹底して行うほか、日々の作業でも無駄な動きが多いと事故やケガにつながるため、効率よく作業ができるように作業順に部品を用意したりと安全性と生産性を高める取り組みを行っています。

2021年実績紹介

工事名称 製作内容 製作重量(t)
物流倉庫 梁加工 200
高層ビル 梁加工 150
公共施設 ブラケット一次加工 50
工場 梁加工 100
商業施設 梁一次加工 40
高層ビル 梁加工 20
物流倉庫 ブラケット一次加工 60