こんにちは!
静岡県焼津市に鉄工所を持つ大石ユニオン株式会社です。

弊社では、焼津市、駿河区、島田市、藤枝市、吉田町などの地区を中心に、静岡県のさまざまな地域で、鉄骨の工事や溶接を請け負っています。

鉄工所の横を通りかかったご経験はありますか。
工場の集まっている地域であれば、見かけることも多いのですが、なかなかそういう機会に恵まれない方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、はっきりとイメージしにくい鉄工所の仕事やそこで働くスタッフがどういったことを心がけているかについてお話ししてみたいと思います。

このコラムを通して、鉄工所の仕事やスタッフの心がけていることについて知っていただければ幸いです。

仕上がりを常にイメージする


鉄工所の仕事で最も重要なのは、工作図や制作要領書どおりに工作物を仕上げるということです。
その重要性をご理解いただくために、鉄工所の仕事の流れを簡単に説明します。

まず鋼材(H型鋼)を孔を開けてから切断します。
次に組立や組立溶接と呼ばれる工程になるのですが、加工した鋼材の仮組みだと考えていただければいいと思います。

仮組みのあとに行われるのが、溶接です。工作物の接合部などをしっかりと溶接していきます。
溶接された工作物をケレンしたのちに、最後に錆止め塗装を行います。
これが大まかな流れです。

つまり工作図などの平面図から、立体的な工作物を生み出すのが鉄工所の仕事なのです.


最終的な仕上がり寸法や形状を正確に保つための処置であり、仕上がりを常にイメージしていなくては、できない作業といえます。

このように仕上がりを常にイメージすることは、鉄工所の仕事においてとても重要なことなのです。

リスクを常に意識する


重い鋼材やさまざまな工作機械、そして溶接に使用する火やガスなど、鉄工所は常にリスクと隣り合わせの仕事場だといっても過言ではありません。

「服装のゆるみは気のゆるみ」という標語にもあるように、どんな些細なことでも命取りになってしまうことがあります。

ヒヤリハットとして表出する事例は、氷山の一角だといわれています。

このように目に見えないリスクは潜在的に存在するのです。
ですから、「リスクを常に意識する」ということを心がけるようにしています。

目の前のことに集中する


鉄工所のプロとして、もうひとつ大切にしていることがあります。
それは目の前のことに集中するということです。

当たり前のようですが、人間というのは常になにかを考えずにいられないという性質を持っています。

仕事の段取り、プライベートの悩みなど、仕事に慣れるほど目の前の作業以外のことに気を取られてしまいがちになってしまうものです。

集中力が低下してしまうと、仕事に支障が出るばかりか安全を担保できなくなってしまう可能性すらあるため、慣れた仕事であればあるほど目の前のことに集中するようにしています。

ここまで「鉄工所で働くプロが心がけていること」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

鉄工所の仕事やそこで働くわたくしどもの心意気が、少しでも伝われば嬉しいです。

鉄工所で一緒に働いてみませんか?


大石ユニオン株式会社では、鉄骨の加工や溶接の鉄工所スタッフを募集しています。

経験者の方は優遇しますし、未経験者の方にも親切丁寧にお教えしますからご安心ください。

また業務上に必要な資格に関しましては、資格取得のための費用を弊社が負担いたします。

この機会に一度、求人情報ページをご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


鉄骨の溶接は静岡県焼津市の鉄工所「大石ユニオン株式会社」
溶接の職人求人募集中
〒421-0206 静岡県焼津市上新田15
電話:054-622-0911 FAX:054-622-4329