鉄骨加工 一次加工

鉄骨加工 一次加工

建築鉄骨とは
建築鉄骨とは、建物の骨組みを組み立てる鋼材のことです。
建築鉄骨が活用された主な建物として、ビル・工場・体育館・倉庫などが挙げられます。
木材より強度に優れていながら、鉄筋コンクリートより軽量であるという特徴があります。

一次加工
鉄骨加工における一次加工は、組み立ての前に行なわれる加工のことです。
孔あけ、切断、開先加工、素地調整、摩擦面処理、罫書きなどの工程があります。
開先加工とは、溶接を適切に行なうための工程であり、機械、ガス、プラズマ加工などの種類があります。
素地調整とは、熱した鋼を冷ますときに発生するミルスケールを剥がす工程です。
罫書きとは、鋼材に目印をつける工程です。
このように一次加工だけでも、さまざまな工程があります。

依頼・ご相談はお気軽に
弊社は鉄工所を自社所有していますので、さまざまなニーズにお応えできます!
鉄骨加工・溶接は、静岡県焼津市の大石ユニオン株式会社にお問い合わせください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

一覧に戻る

▲TOPへ